熊本市の商業写真出張撮影

熊本市の商業写真出張撮影カメラマン依頼19,800円〜

商業 カメラマン 熊本市

本ページをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは熊本市内でのプロカメラマン(写真家・フォトグラファー)による商業向け写真出張撮影サービスを紹介しています。

 

当サービスでは、商品、広告・販促、店舗・建築、オフィス・広報、講演・セミナー、式典・祭典、イベント・パーティー、宣材・社員証、取材・プロフィール、ライブ・舞台などの項目を、企業・自治体・法人個人問わず事業主といったご依頼主様からご要望を承り、ご指定の場所へプロカメラマンを派遣し写真撮影を行っております。

 

「新規顧客の集客に力を入れたい」「売上アップを図りたい」「プロ品質の写真が必要」等、ご要望に沿ったサービスを安心価格で提供させていただきます。

 

サービス内容、ご利用料金、その他情報につきましては、下記の当サービス公式ホームページにて詳しく記載しております。

商業 写真 熊本市

 

お急ぎの方は下記窓口よりお問い合わせください。

商業 カメラマン 熊本市

 

≪地域情報≫

 

商業 写真 撮影 熊本市

 

●中心部のアーケード街
県の総面積の5.3%にあたる約390km2の市域に、県内人口の約41.7%にあたる約74万人の市民が住む。2012年(平成24年)4月1日に九州で3番目の政令指定都市に移行した。九州では、福岡市、北九州市についで、3番目に人口が多い。肥後国府や肥後国分寺が置かれた地である。現在の市街は、細川氏熊本藩54万石の城下町を基礎に発展してきた。戦前は陸軍第6師団や国の出先機関が置かれ、九州を代表する軍都・行政都市として栄えた。2011年(平成23年)3月12日、九州新幹線鹿児島ルートが全線開通し、熊本駅に新幹線駅が併設された。

 

中心部は熊本城天守閣(地図)から見て南東から東に広がる。ただし、熊本城などからの眺望を確保するための環境基準により、中心部を含む熊本城周辺地域約550haには厳しい高さ制限がある。そのため中心部には高層ビルが存在しないが、当該地域の外にある熊本駅周辺の新都心地区には、くまもと森都心などの高層ビルが立地する。また、中心部を囲むように立地する熊本駅(地図)・上熊本駅(地図)・新水前寺駅(地図)のJR九州3駅が交通結節とされており、中心部との間が熊本市電によってつながれている。

 

●産業
2007年(平成19年)度の市内総生産は2兆1507億円である。熊本県全体の約37%を占めており、パラグアイの国内総生産を凌ぐ経済規模を有する。

 

・農業・水産業
熊本市は日本でも有数の農業王国。農家総数、専業農家数、農業就業人口、経営耕地面積は九州1位、農業産出額は日本の市町村中6位である。江津湖以南の市南西部 - 西部の田園地帯では米をはじめ、ナス、メロンを含む園芸作物各種が作られる。中でも、米とメロンは九州で1位、ナスは日本で2位の産出額である。金峰山山麓の河内地区、小島地区、北部地区は温州みかんの一大生産地となっており、周辺地区には選果場や加工工場も多い。市北部 - 植木町はすいかの名産地として名高い。また東部地区(戸島地区など)では、メロンなどの畑作のほか、近年かなり数は減ったものの酪農も行われている。水産業としては、有明海の干潟ではノリやアサリなどが水揚げされるほか、白川河口や江津湖では河川漁業、錦鯉などの養殖も一部で行われている。

 

・工業
従来より、熊本市内には(熊本駅南側のムーンスターの工場(現合同庁舎の地)は除き)大規模工場の立地は進まず、現在もルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリングの半導体工場やフードパルでの食品工業を除けば、大規模な企業・工場は少ない。

 

●繁華街・商業施設
熊本市の中心部には、上通商店街・下通商店街・サンロード新市街の3つの繁華街がある。特に下通は、県内最大かつ九州でも上位の賑わいを見せており、平日50,000人、日曜日65,000人の来街者を有し、(一地点での通行量は(2010年(平成22年)8月調査で休日に約3万人)、核的中心専門街としての商業集積は県内でも群を抜いている。これらの繁華街は、上通北側に熊本電気鉄道の藤崎宮前駅が、上通と下通の間に熊本市電通町筋停留場や鶴屋、パルコをはじめとする百貨店が、サンロード新市街の周辺には熊本市電辛島町停留場、バスターミナルの熊本交通センターがそれぞれ立地し、それらの間を行き来させる回廊の役割を果たしている。ただし近年は郊外に大型商業施設が進出し、これらの中心部繁華街の人通りは減りつつある。歩行者数は2003年度から2011年度の間に3割減り、空き店舗の割合も1割を超える状況となっていたが、2011年以降は九州新幹線開業などによる観光客増加の要因もあり通行量は再び反転している。

 

上通・下通・新市街の空き店舗率も3.9%にまで改善しているが、以前と比べ飲食店やカラオケ店の割合が増え、1990年からの約20年で半数の店舗が入れ替わり、全国チェーンの店の割合が増加するなど商店街の新陳代謝が進んでいる。 2013年に入り、後述の桜町・熊本交通センター地区の再開発に加え、ダイエー熊本下通店周辺の再開発計画やJR九州による熊本駅の大規模再開発(駅ビル建設)が発表されるなど、熊本市中心部地区は2010年代後半?20年を目処とした新たな局面を迎えている。郊外型の大型商業施設としては、地元スーパーのニコニコ堂がサンピアンシティーモール(1996年)、クリスタルモールはません(1998年)をオープンしたが、ニコニコ堂の破綻後はイズミがこれを引き継ぎ、現在ではゆめタウンとなっている。このほか、熊本市外だが菊池郡菊陽町にゆめタウン光の森(2004年)が、上益城郡嘉島町にダイヤモンドシティ・クレア(現 イオンモール熊本、2005年)がある(双方とも熊本市との境から数百mほどの位置)。

 

イズミは2012年2月、熊本市中央区大江の日本たばこ産業(JT)熊本工場跡地約7万3千平方メートルも取得しており、熊本県内での出店攻勢を強めている。合志市には双日主導のショッピングモールを出店の計画が持ち上がってはいるが、現在のところ動きは止まっている。郊外店の一大集積地帯は国道57号(熊本東バイパス)沿線であり、熊本都市圏北東端の菊池郡大津町から国道3号と交わる熊本市近見までの約25キロの区間は、イオン系(ジャスコ)が2軒、イズミ系(ゆめタウン)が3軒、他にもコジマやデオデオ、ミスターマックスなどの郊外型大型電器店やロードサイドショップなどが乱立する激戦区となっている。

 

このような大型店とは別に、郊外商店街もみられる。市電終点の健軍町停留場前に立地するアーケード商店街・ピアクレス(健軍商店街)や、市内中心部に程近い老舗商店街・子飼商店街などである。ただし近年は大型店の集客力に押され、往時の活気はみられない。
また先述の通り、熊本駅前はホテルや受験予備校が複数立地しているものの、駅ビル内の商業施設「えきマチ一番街」を除けばショッピングを満喫できるような場所がなかったが、2013年12月25日、JR九州の唐池社長は熊本駅の0番線ホーム敷地と駅南側に隣接してた駐車場の3ヘクタールの敷地を再開発し、商業・オフィス・娯楽の機能を集積した駅ビルを2020年を目処に建設する予定であると発表した。